iSPP 仙台8万人の力PJ プロボノ募集要項 « iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム

iSPP 仙台8万人の力PJ プロボノ募集要項

iSPP 仙台8万人の力PJ プロボノ募集要項

2011年11月15日
iSPP情報支援プロボノ・プラットフォーム事務局

iSPPでは、仙台市内の小中学校で実施している「仙台8万人の力プロジェクト」をサポートして下さる、プロボノワーカーを募集します。

1.プロジェクト概要

仙台市内の小中学校、約200校8万人の児童・生徒が、震災を乗り越えるために作成した未来の自分たちへの応援メッセージを記した「応援旗」一体感あるメッセージとして形にするためのデジタル加工処理及び映像制作をiSPPで行う。

具体的には、11月11日の復興イベント(参考資料を参照ください)において仙台市内の小中学校約200校で作成した、約200枚の応援旗(布製縦700mm×横1050mm)をデジカメで撮影し画像処理ソフト(http://prezi.com/)で処理することで、200枚の応援旗を組み合わせて、文字を描きます。
文字は子供たちが考えた「光」「絆」といった、未来へのメッセージです。
作成された画像に、子供たちが復興イベントで歌唱した歌をミキシングする予定です。
完成した画像は、動画共有サイト、仙台市教育委員会のWebサイトや、各種イベント会場で再生する環境を作り、多くの方に見ていただける環境の構築も同時に検討していきます。

どうぞ、子供たちの復興への願いを込めたメッセージの作成にチカラを貸して下さい。

2.作業項目

  1. 応援旗200枚をデジカメで撮影してデジタル化する。
  2. デジタル化された応援旗を組みあわせて画像処理ソフト(http://prezi.com/)で文字を制作する。
  3. 映像にBGM(子供たちの歌唱)を挿入する。
  4. 利用形態にあわせてフォーマットに変換する。

3.募集要員

ITサポート:2名
撮影サポート:5名
映像クリエーター(演出):2名程度
音楽ミキシングサポート:1名(または2名)
画像処理サポート:10名

4.必要設備等

撮影スタジオ
*撮影用カメラ
*編集用PC
*カメラとPCについては、個人でお持ちのものを撮影時、編集時にお持ちいただくものです。

5.ワークスタイル

・撮影12月中に完了の予定です。主に平日夜(2時間?7日間の業務量を予定)、スタジオまたは、iSPP事務局等で作業を行います。全ての日程に参加いただかなくても大丈夫ですが、フレキシブルに対応いただける方が望ましいです。
・編集作業1月に入ってからを予定しています。ご自宅でも対応可能です。
・最終的な完成は、2月を予定しております。
・その他、月に2回程度のミーティングへの参加をお願いします。通常はML、FB等で情報発信を行います。

6.募集期間

第一弾の募集締切:2011年11月30日
※随時募集しますので、応募お待ちしております。

7.募集方法

iSPP事務局に以下必要な事項を明記の上ご連絡をお願いします。
office@ispp.jp
@を半角英数に変えてお送りください。

件名:仙台8万人の力PJ 応募
氏名:
電話番号:
メールアドレス:
応募要員:(3.応募要員で該当するものを選択ください)
提供できる設備:(提供可能なものがあればご記入ください)
参加可能な日程等:(平日夜|休日日中など対応可能な時間帯を具体的にご記入下さい)
その他:

メンバー決定後、事務局よりご連絡いたします。


参考資料
児童生徒による故郷復興プロジェクト~復興へ!学校の力結集!~
第3弾「集めよう! 私たちの力」実施要項

1 目 的

(1)仙台市立学校の全児童生徒が,仙台市の震災復興に向けた取組について話し合い,自主的に活動することにより,市民としての自覚を高め,市全体を盛り上げていこうとする意識を育てる。
(2)仙台市立学校の全児童生徒が,一斉に活動することにより,各学校における生徒会活動の活性化を図る。

2 実施内容及び期日

(1)仙台市立小学校,中学校(約200校)で実施した活動
日 時 : 平成23年11月11日(金) 午後2時30分から午後3時40分
場 所 : 仙台市立小中学校体育館
内 容

  1. 合唱(曲目は「Believe」小中学校共通,その他曲数等は学校の実情に合わせる)
  2. DVDメッセージ放映(市長・教育長・プロジェクト委員)
  3. 黙とう
  4. 応援旗の作成,披露
  5. デジタル応援メッセージの作成
  6. 苗木(桜)の植樹

3 主 催

仙台市教育委員会

4 共 催

仙台市校外指導連盟,仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会,仙台市PTA連絡協議会