「東日本大震災 情報行動調査報告書」を公刊しました « iSPP 情報支援プロボノ・プラットフォーム

お知らせ

「東日本大震災 情報行動調査報告書」を公刊しました

岩手県・宮城県・福島県の被災地の住民を対象に、地震発生直後から 3 カ月後までの情報行動について大規模かつ本格的な調査を実施し、その結果と提言などをまとめた『東日本大震災 情報行動調査報告書』を本日発表しました。

iSPP では本日より、被災地の NPO および自治体に対し、本調査報告書 PDF 版(ローデータ等なし)の無償提供を開始します。詳細は下記の iSPP 事務局までお問い合わせください。

また iSPP では、本調査報告書の公刊を機に、大学等を対象に共同研究の公募をスタートします。共同研究の機関に対しては、本調査報告書に加え、クロス集計データやローデータを無償提供します。詳細は iSPP 事務局までお問い合わせください。

▼ NPO 等無償配布と共同研究の申込先
メール:office@ispp.jp ※@を半角におきかえてください。
FAX:03-5468-1237

上記以外の目的でご購入を希望される方は、株式会社インプレスR&D のオンライン販売サイト「libura PRO」をご覧ください。

※本報告書の販売にともなう収益金は、iSPP の設立主旨にしたがい、被災地の復旧・復興への情報支援活動および、将来の防災・減災のための情報通信技術(ICT)の応用のために活用させていただきます。また、この度の報告書販売におきまして、株式会社インプレス R&D 様には、被災地を支援する iSPP の活動の主旨にご賛同いただき、販売手段の提供、コスト面での優遇等、格別なご配慮をいただきました。

詳細は以下のプレスリリースもご覧ください。

<プレスリリース> iSPP、「東日本大震災 情報行動調査報告書」を公刊
HTML 版PDF 版(451KB)